Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OSXへの移行案内



MacintoshのOSが「MacOS9」から「MacOS X」に変わってから15年になります。
弊社では、幅広くユーザー様の制作環境に応えるべく、
作業環境やメンテナンスに気を配って参りましたが、
MacOS9で起動するパソコンの老朽化が進み、
現在ではMacOS9起動が可能な機種・台数が少なくなっております。  
今も現役でMacOS9(以後、旧環境とさせていただきます)を使用しておられるユーザー様は減りましたが、
まだMacOSXへの移行がお済みでないお客様がいらっしゃいましたら、
速やかに移行されることをお勧めします。

旧環境の作業ができなくなると、その環境で作成されたDTPデータのアプリケーションの種類によっては、
新しい環境では使用できなくなります。
つきましては、弊社では旧環境データへの対応は2016年内をもって終了させていただく予定です。

新版は、これからの新しい環境で作成されれば問題ありませんが、
再版の可能性の高いデ ータは新しい環境への移行を進め、
再版受注に備える必要があると思われます。

弊社では旧環境のAdobeCS3以前のデータやQuarkXpressのデータを
新しい環境のAdobeCS6以降のデータにする編集作業の
お手伝いをさせていただいております。
※QuarkXpress は Adobe Indesign へ移行

再版の可能性が高いデータは早期に移行されることをお薦めいたします。
詳しくは、お問い合せください。

S.H

実績紹介_モデーロ様

【実績紹介】
リビングからの視線を意識したオープンキッチンをオーダーメイドで販売しておられる株式会社モデーロ様のカタログ制作をお手伝いさせていただきました。
モデーロ様は、お隣りといえるほどのご近所で、弊社の内覧会を見に来ていただいたのがお付き合いのきっかけでした。
イメージ写真が中心のデザインで、製品の魅力を伝える印刷にしたいとの想いからご依頼いただきました。
初めてご相談いただいてから出来上がるまでは、かなりの月日が過ぎましたが、その分、担当させていただいた者としても、念願かなった気持ちです。
江坂にショールームがありますので、ご興味のある方は是非どうぞ。

株式会社モデーロ ホームページ
http://www.modello.jp/

modello_1606-01.jpg

modello_1606-02.jpgmodello_1606-03.jpg

modello_1606-04.jpgmodello_1606-05.jpg


T . I


実績紹介_奈技工房様

【実績紹介】
大阪でオーダーメイドの椅子・ソファ製作や修理・張り替えをされている有限会社奈技工房様のブランド「uen」の製品カタログ制作をお手伝いさせていただきました。
製品カタログというよりは、コンセプトブック、写真集というような内容で、製本もコデックス装という糸かがりの背中をそのまま見せる製本仕立てとなっており、こだわりのあるおしゃれな仕上がりになっています。(デザインは、musubi design の藤木様)

奈技工房ホームページ:
http://www.nagikoubou.com/

uenホームページ:
http://uen-furniture.jp/

blog_160521_uen01.jpgblog_160521_uen03.jpg

blog_160521_uen04.jpg


T . I


グリーンプリンティング認定 ー更新認定されましたー

こんにちは。
4月5日にグリーンプリンティング認定更新のための
現地審査を行って頂き、
6月16日のグリーンプリンティング工場認定委員会に於いて、
無事、更新の認定がされたとの連絡が来ました。
ホッとしました。

各種認証などを更新するために日々の取り組みを行うのではなく、
日々の取り組みの意味をスタッフ全員が理解し、
計画・実行・評価・改善を行うことが重要だと再認識した上で、
また次のステップへと繋げたいと思います。

2016.06.27追記

認定証が来ました。
JP認定証2016



S.H

JapanColor認証制度と管理

こんにちは、
弊社取得のプルーフ運用認証のLabProofSE(1bit・8bit)と印刷のマッチング認証が今年の1・2月に更新審査がありました。JapanColor認証制度は、取得後2年毎に更新審査があります。2年の間に約3ヵ月毎7回以上の管理記録と更新時期のチャートを提出して、基準内であるかの審査を受けます。

0412-2.jpg

先日、3期目のスタートになるプルーフ運用認証の管理測定を実施しました。
LabProofSEは、EPSON[ PX-H10000 ]との組み合わせで使用しています。最近のインクジェットプリンターはかなり安定していて、LabProofSE側の操作も管理し易い設計がされています。しかし、プリンター側の部品交換となるとプロファイルの再作成が必要になるケースもあります。

日々プルーファーとして使用する中で異変に気付ける事もありますが、毎日使用する機器なので定期的に状態を確認する事で安心して使用ができます。ちょっとした異変はこのようなチャートを測色する事で気付ける事もありますので予防保全にもなります。

Y.I

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。